フォト
無料ブログはココログ

野球

2008年10月 7日 (火)

仙台宮城球場

仙台宮城球場(クリネックススタジアム宮城)で2度目の観戦です。

2008年10月7日 イーグルス対ホークス。パリーグレギュラーシーズン最終戦。クライマックスシリーズ進出を逃した両チームにとっても最終戦。そして、王貞治監督の最終戦です。おまけに最終戦を残して全くの同星で5位。即ち今日負けた方が最下位です。

前回お邪魔したのは2005年9月13日新規参入一年目の年でした。

4シーズン目が終わる今日、色んなことが違ってました。球場そのもの、お客さん、監督や選手の顔ぶれ(忘れてませんか2005年は田尾監督でした・・・・)

(アクセス)

仙台駅から仙石線に乗って6分で宮城野原駅下車。歩いて5分位で球場です。前回は一つ手前の榴ヶ岡駅を利用しましたが、宮城野原駅の方が若干近いようです。運動公園の中を行くので歩きやすいです。但し駅と球場の間にはコンビニ等ありません。仙台空港から仙台駅へのアクセスはコチラ

仙台駅から球場までのシャトルバスも出てます。

P1000461

P1000462

(座席)

一般発売日にチケットぴあにアクセスが出来ず、午後見たら外野指定しか空いてませんでした。1800円でした。

P1000463_2 

(試合)

E田中将投手 - H杉内投手 の先発。両投手とも二桁奪三振。九回無得点。

素晴らしい投手戦でした。或いは今年の両チームを象徴する貧打戦なのか素人の私には区別がつきません。走塁ミスもありました。P1000466

延長戦。心配された雨が降ってきました。売店で合羽を買い求めました。500円。あのイーグルスの赤いやつ

でも、誰も帰りません(いや実際帰った人もおられたと思います・・でも本当に人が減ったとは感じませんでした)。私の席はライト側だったので隣の席でそれぞれのファンが呉越同舟イーグルスファンはイーグルスの、ホークスファンはホークスの勝利を願い応援されています。純粋に。。。

延長12回表。ホークス一死一、二塁。ここで松中選手が併殺打。最後の最後が松中選手。今日ホークスが勝っても、松中選手がここで打っても、王監督が退任されることに変わりありません。最後が松中選手で良かったかも・・・。悔しかったでしょう。でも三冠王取った時の打棒を来期以降期待したいです。

延長12回裏。馬原投手が山崎武司選手にサヨナラ安打。試合終了。

その時、雨が一番強くなりました。

野村監督が王監督に花束を渡され、ベンチ前でホークスの選手と握手。球場内は惜別と感謝の声に包まれました。

P1000468

その後の野村監督の挨拶「本日の最終戦を迎えて、改めまして東北ならびに、仙台のファンの皆様の優しさ、温かさを感じました」  よそ者の私も感じたホテルや駅や空港やレストランで見かけた遠来のホークスファンの方もご苦労様でした。

球場を出る時に雨が上がりました。合羽を脱いで今日のお土産にする為に大切にかばんに仕舞い込みました。

尚、松中選手を打ち取った佐竹投手は1球で勝利投手になりました

E1x0H◇試合時間 4時間7分 ◇入場者  20,719

2008年9月11日 (木)

神戸総合運動公園野球場(スカイマークスタジアム)

  2008年9月。本来ならば清原和博選手の引退興行行脚シリーズの一部になるはずだったマリーンズとの試合。実際清原選手は一軍に居て、球団も「男の花道」と銘打ってイベントを組んでいる。

ところがどっこい前日までバッファローズはプレイオフ進出圏内の2位。それどころか首位ライオンズとは4ゲーム差という大躍進。若手投手陣の活躍?、カブレラ+ローズの長打攻勢?、大石監督の采配? 何が原因かわかりませんがあれよあれよの大躍進。加えて実力がある、ホークスファイターズマリーンズの不調。急遽清原選手ではなく、チームそのものが主役になったのです。

折角やからフィールドシートをゲットしました。予約した時点で私も清原選手目当てでした。チケットは「ぴあ」で@6,300です。天気にも恵まれ、芝生が西日にキラキラ輝いてます。

P1000387

このフィールド指定席に入るには、内野席の階段を降りてきて、係員にチケットを再度見せます。売店、トイレもやはりこの階段を利用します。

P1000388

シートはこんな感じです。

P1000390

席にはアクリル板が着いてますが、下げることも出来ます。下げたら集中してないと危ないですよ。逆にお弁当食べる時は上げるなどお好みのままに・・・

P1000389

席によってはブルペンもご覧の通り丸見え。プロの球って改めて凄いなー

P1000393

遮るものがないから選手がすぐそこです。ブルペンに向う選手も前を横切りますから「おっ小宮山先生早くも準備か?」なんて・・・

サインですが練習始まってからは難しいので開門と同時に行くぐらいの気概で。

P1000397 

試合はBs躍進の原因全てが絡まって、岸田投手の好投、カブレラ、ローズ(2本)のホームランによってBsの快勝。特にローズの2本目の3ランはライトスタンドの後ろの2階スタンドへの階段に当たってライトスタンドの前列に跳ね返ると言う度肝を抜く当たり。

さあ今後どうなるんでしょう?プレイオフ進出を5チームで争う大混戦楽しみです。

あれ清原は?なんでも蜂窩織炎とかで3連休です。

いずれにしても早く順位が決まれば良いと思います。そうでないと10月1日の男の花道がややこしいことになっちゃう。

Bs6-1M◇試合時間 2時間23分 ◇入場者 20,812

2008年3月25日 (火)

MLB開幕戦

東京ドームでオークランドアスレチックス(Oakland Athletics)ボストンレッドソックス(Boston Red Sox)のメジャーリーグ(MLB)の開幕戦が行われました。

P1000240

お子さんが来日(帰国?)前に生まれたり、エースのベケット投手が故障したり色々な要素が重なって、松坂大輔投手の開幕投手という舞台が整えられました。

この日手にしたチケットはライト外野席6列目(4500円)。セレモニーの後始球式に登場したのは森喜朗元総理失礼ですが私の周りではブーイングが起こりました。

気を取り直して開幕です

1回裏いよいよBOS・松坂投手の登板です。1死後、OAK2番エリスにレフトへ本塁打今シーズンのわずか3球目でした。

ここからが松坂の真骨頂です。四球、死球、四球

次の6番バッターは投手ゴロに打ち取るも三塁ランナーは生還。1安打で2失点です。でもこの松坂投手のフィールディングはさすがでした。次のバッターは三振でチェンジ。

松坂投手の乱調に騒然とするスタンド。期待はずれの声も聞こえる。そこのお客さんちょっと待ったー。日本時代から松坂投手の立ち上がりってそんなに良くない。調子が悪くても修正していくのが松坂投手の松坂たる所以でしょー

2回裏OAK・スズキ(日系3世)にもヒットを打たれる(あれ?)、が右飛、三振で2死(だから修正してくるんだって!) が、連続四球() が、三振でチェンジ()。

ここまで、安打2、三振3、四死球5、自責点2。まあ開幕だから緊張も疲れもあったろうしね。

3回以降、安打0、四死球1、三振3。やっぱり修正してきたでも5回終わって投球数95。BOSの監督は東尾修監督じゃないので5回終了時で交代。通常100球前後が目処だもんね。

6回にBOSが逆転して勝利投手の権利を得るも再逆転される。後はご存知の通りBOSが再々逆転で延長戦の末勝利を収めました。ゲームは両チームの救援投手を見ることができ、本塁打も3本。最後はマニー・ラミレス選手が決勝打を打つと言う好ゲームでした。 この日も試合をしていたパリーグの選手に悪いなと思いつつ東京ドームを大満足で後にしたのでした。

P1000242

OAK5-6BOS◇試合時間 3時間39分 ◇入場者 44,628

2007年11月11日 (日)

神宮球場

正確には明治神宮野球場、所謂神宮球場です。第38回明治神宮野球大会です。前回は第二球場で観戦したので、今日は第一球場?で。。。

まず横浜高校と関東第一高校の試合はたくさんのお客さんです。地元と全国的強豪校の試合はお客さんを呼べるんでしょう。続いては大学の部。八戸大学と関西国際大学の試合です。

馬鹿な私は数年前に観戦しておきながら今回気づいたことが一つ、DH制ではないのですね。これがエライことに。。。

2回表1点を先制された関西国際大は4回裏に満塁のチャンスを迎え、バッターは先発投手の伊原君。

リーグ戦では打席に立つことのない伊原君はスクイズ失敗・・・・。あーあー

5回表には3点を取られ4-0に。リリーフした榊原君が残り4回を無失点に抑え、そのまま試合終了。「あそこでスクイズが決まってたら」、「いやいや代打やろう」(東京なので代打ろう?べらんめー)というナイターになって寒くなった中、自分に関係のない学校同士の試合をみていた内野席に陣取った「外野」の野球好きなおっさんの会話を聞きながら浅草の米久本店に暖かい牛鍋食べに行こっと神宮球場を後にしたのでした。

因みに今大会終了後、神宮球場が大改装されるそうな。両翼が101mに広がり、フェンスも高くなり(だからフェンス高くすりゃあ良いってもんじゃないでしょう)、人工芝が変わり、スコアボードが大型ビジョンに変わるそうだ。だけどその前に内野席のネットのあの太い支柱をなんとかして欲しいものだ。

P1000132_2

P1000136_2

2007年11月 9日 (金)

KONAMI CUP アジアシリーズ2007

P1000049

3年連続3回目のアジアシリーズです。中日ドラゴンズ統一ライオンズ(台湾)です。

昨日ドラゴンズは韓国のSKワイバーンズに日本チームとして初黒星を喫しました。今日負けると予選敗退です。他の3カ国のチームが目の色変えて日本チームに勝ちに来ているのか?ドラゴンズが53年ぶりの日本一で燃え尽きたのか?年々危うくなっていく感じがします。

2回裏サード・森野のエラーで先取点を許します。しかし、3回と5回相手内野手のエラーで逆転です。最後は岩瀬が締めてなんとか勝ちました。と言ってもまだ予選突破が決まったわけではないです。

投手力は昨日の韓国の左腕や台湾の王建民のように個人的に凄い投手がいるので完璧に抑えられることもあります。打撃は粗く(パワーを秘めた選手は多い)、守備・走塁は日本の方が「一日の長」があるような気がします。でも「一日」だけなのでこれも追いつかれたら・・・・台湾・韓国の個々のチームの差ほどナショナル代表チームの差はないように思われ、12月に行われるオリンピック予選も勝てると言う保証はないかも?もっとも私は「オリンピックから野球とソフトボールの」に書いたようにプロがでなくても良いと思いますが。

相手の統一ライオンズですが、調べてみると今回参加の4カ国のリーグには共通して△△ライオンズというチームがあります(埼玉西武サムソン統一天津)。MLBにはありませんがNFLにはデトロイトがあります。

D4-2統一◇試合時間 3時間28分 ◇入場者 11,167

*****************************************************

〔後日談〕ドラゴンズなんとか優勝しました。来年の日本シリーズ優勝チームはさらにプレッシャーがかかりますかね?

因みに過去3年の試合別入場者数です。同じ曜日・時刻で行われているので条件は一緒です。

  • (2005)韓27,305 台18,911 中26,564 決37,078(千葉)
  • (2006)韓15,147 台11,038 中12,337 決24,580(北海道)
  • (2007)韓19,095 台11,167 中12,633 決21,091(中日)

東京ドームなので地の利もあるでしょうが、盛り上がっているとは言い難いかも?チケット代が高すぎるのも要因です(きっぱり)

2007年9月17日 (月)

大阪ドーム

大阪市営地下鉄の長堀鶴見緑地線の「ドーム前千代崎」駅を出て歩いて5分とかかりません。大阪ドーム(京セラドーム大阪)は便利な場所にあります。神戸は地下鉄が少し長いかな?

今日はネット裏指定席。前売りなら5600円。エグゼクティブシートという呼び名もあって少しややこしいです。

シーズン前に人工芝が張り替えられてオリックスのコリンズ監督が、「オレンジ色の部分がまぶしすぎる」と注文をつけておりました。まあ、天然芝に慣れた外国人監督だからなあと思っておりましたが実際見てみると「オレンジ」というより「赤」。監督のいうこともわかる。選手はどう思っているのだろう。

敬老の日の祝日もあり、そこそこの観客。でも混雑という程ではない。9月半ば過きても30度を越す暑さながら椅子から冷風が出てくるので快適です。でも、ドームよりオープン。芝は天然芝が良いと思います。でも、チケットを買ってはるばる来ているのだから中止は・・・。ああ、このジレンマ。

試合はマリーンズ清水直バッファローズ中山の先発。M今江の本塁打などで2点先行した4回裏、ここまでパーフェクトに抑えていた清水がBsラロッカに死球。ラロッカはシーズン25死球のプロ野球記録を達成。次の瞬間スタンドに向かって両手を挙げ、マウンドの清水に一礼。さすがに花束贈呈はなかったけど、清水は動揺したのか、その後打者一巡の4点を献上し降板。5年連続2桁勝利の選手会長は「元」エースになってしまうのか?

しかし、最下位Bsも簡単には勝ちません。8回はベーニーの本塁打、9回は最後の野手橋本将に適時打で同点延長戦。

しかし、シーズン優勝が風前の灯火となったMも最後に小林雅が3試合連続の「コバマサ劇場」。木元にサヨナラ安打で敗戦。歓喜のホームを踏んだのは投手の「代走」山本省。

両チーム総力戦。みんな期待通り(良い面も悪い面も)の働きでエラく面白いゲームでした。

少しだけ涼しくなった外にでて、地下鉄で心斎橋駅で御堂筋線に乗り換えて梅田(大阪駅)へ。全区間Icocaで行けるようになったので便利になりました。でも運賃を覚えなくなるよね

M4X5Bs(延長12回サヨナラ) 試合時間 - 4:38 観衆 - 20,015

P1000016

2007年4月 4日 (水)

広島市民球場

京都駅から広島駅まで「のぞみ」で1時間45分。

JR広島駅を出てすぐの広島電鉄(広電)の2系統(宮島口行き)か6系統(江波行き)で約15分乗車。料金は市内均一150円で、ワンマン運転の場合は降車時に運転席の横にある料金箱に入れます。

「原爆ドーム前」下車。日本で一番有名な「市民球場」は目の前です。

試合前から小雨。球場のソバにあるビルの気温計は5度。ナイター観戦にはまだ寒いです。

座席はA指定の2階席ですが、指定の意味はあまりありません。観客が少ないからです。で思い思い好きな席に座っての観戦です。

座っている人だけではありません。寒いので最上段通路部をウォーキングをする人。グローブを持って、バッターの打席ごとに一塁側、三塁側を行き来する少年達。

少年達は、ファールボールを取ろうとして、右バッターの時は一塁側、左の時は三塁側に移動するわけです。苦労の甲斐あって一球だけゲットしました。でも、微笑ましかったのは広島・森笠選手の打席の時に右投手から左投手に交代。「あっ、森笠今年からスイッチやった」て言いながら慌てて走ってました。

行くまで知りませんでしたが、球場開設50周年だそうです。2009年に別の場所に新球場が建設されます。今シーズも含めて残り2シーズンです。

試合内容も含めて楽しく観戦できました。

①グランドとスタンドが近い。

②外野フェンスが低い為「ホームランボールをもぎ取る」山森雅文選手のようなプレーが観られる可能性がある。他の球場では見られない。スーパープレーを演出するのも球場の役割。

③天然芝(甲子園と神戸の3球場のみ)

④カープファンの応援がアツイ。あのスクワット。下手な野球選手より下半身が強い?

⑤球場へのアクセス抜群

などなど。近畿の人間は西宮・日生・大阪球場を思い出す。新しい球場にもこの雰囲気は残して欲しい。

そして、カープファンの皆様、是非球場に来て声援を。なぜなら、上記の3球場はチームごと全て姿を消したから。

帰りは、球場前からタクシーで広島駅へ。所要時間10分。料金1000円。

広島3-2横浜 観衆10095人

2006年11月11日 (土)

KONAMI CUP アジアシリーズ2006

今年も来ることが出来ました。アジアシリーズ。昨年の第1回に続いて・・・。

今年はファイターズ 対 チャイナスターズ の対戦です。明日の決勝戦は帰宅しなければならないので、辛うじての観戦。しかも仕事が長引いたので4回からの観戦です。FAの動向が気になる小笠原選手は既にお役ご免でミスターファイターズの田中幸雄選手に。サードは稲田、外野は森本、紺田、糸井と新戦力です。決勝進出は決まっていますし、3回までに6点のリードですから・・・。しかし、それ以降は打線に繋がりは出ず、逆に中国打線は9安打を放ち、9回には本塁打まで飛び出しました。今年3月にもWBC(ワールドーベースボールクラシック)も中国戦を観ましたが、バッティングは確かに悪くないかも。ひょっとすれば北京オリンピックとは言いませんが、遠くない将来負けるんじゃ。。。。

一方、はどうなるんでしょう?SHINJO選手、小笠原選手、岡島投手、それに監督までもが去就が不透明。日本一になった翌年、まったく違うチームとして出発となるのでしょうか?昔の本拠地で戦うを見ながら札幌のファンに思いを馳せるのでした。

◇試合時間 2時間46分 ◇入場者 12,337人

2006年8月22日 (火)

甲子園

20日まで休みなし。盛り上がる高校野球を横目に一日でも順延になれば行きたいな甲子園。でも快晴続きで無理か。

っと思ってたら、ご存知の通りまさかの決勝戦が再試合。

お盆休み明けの月曜日。まさか満員はないよな。

っと思いつつ、念の為11時過ぎに甲子園に到着。既にバックネット裏、三塁側(早稲田実側)は「完売しました」のアナウンス。せめて一塁側の銀傘の影を求めて一塁側自由席券を購入。両校どちらかに肩入れする必要もない私は西日を避けてもともと一塁側に座るつもりだったんだけど、アルプス寄りの席しか空いてない。試合開始まで2時間。暑い。

開始時間が近づくにつれ外野席も満員。内野席から見ればこぼれんばかりの観衆。

ご存知の通りの結果。初めて甲子園で高校野球を見た小5の相棒は何を感じたのかな?最終回の駒大の本塁打には思わず立ち上がってたけど・・・。リプレーも解説もない満員の甲子園。君の夏はこれからだぞ(宿題のことだけど・・・)

翌日から特定の選手が「変な形」で取り上げられている。野球に限らずスポーツには余計な演出は要らないゾと思う今日この頃でした。

(救いはこの選手の父上が過剰な取材はやめて欲しいと言っておられた事)P1002370P1002369_1

2006年6月27日 (火)

福岡ドーム

伊丹空港から福岡空港へ全日空にて移動。17:10到着。タクシーにて福岡ドームへ。所要時間30分。料金3250円(有料道路代含む)。

対戦カードはホークスvsバッファローズ。清原選手は一軍登録抹消中。淋しい気もするが、相変わらず球場は多くのファンが詰め掛けている。

今日は初めてのフィールドシート(三塁側)最前列。お一人様15000円也。多分最後の贅沢。視界を遮る物は何もないが、シートに行儀良く座れば正面はライトスタンド。まぁ後作りだから仕方ないか。

試合はBsの中村選手がチャンスに悉く三振で(4打席3三振1四球)、1点差負け。パリーグを盛り上げて欲しいものだ。

試合後は花火と同時に屋根が開いていくイベント。昔、屋根の開閉に費用がかかると聞いたことがあるけど、今日みたいな天気の良い日は試合前に開ければって思う。唯一の開閉式ドームだからね。(が勝たないとこのイベントはない)

同じく、試合後勝利投手の和田毅選手がフィールドシートの観客とハイタッチ。15000円の真価はこの辺りか。でも一人のご婦人が「和田ちゃん」と絶叫し、同選手の腕をむんずとつかんでしばらく離さない。(しかも大事な左腕)。こんなことがエスカレートして再び選手との間に邪魔なネットが作られると困るなって思った。

ドームから博多駅までタクシーに乗る。所要時間40分。料金2340円。22:31の寝台特急「あかつき」に乗り込んで帰京。あかつき号に関しては翌日の記事参照

3X2Bs 試合時間 - 2:54 観衆 - 30387

P1002315_1P1002333