フォト
無料ブログはココログ

バルセロナ・イタリア旅行記1(バルセロナ編)

2010年2月12日 (金)

4日目① バルセロナ空港からイタリア・ローマへ

4日目の朝です。今日も美味しい朝食を頂いて、ホテルオムをチェックアウトしてローマに空路移動です。ちょうど東京~福岡の距離です。

10:10 ホテルチェックアウト。タクシーを頼むと、ほどなく来て、バルセロナ空港に向います。

10:40 道の混雑もなく30分弱で新設のターミナル1に到着。料金は35ユーロ(チップ込)

今日の飛行機はアリタリア航空です。11;40バルセロナ発13:25ローマ着のAZ77便。

ノースウエストのマイル特典ではこの区間予約できませんでしたの、アリタリアのWEBからオンライン予約しました。一人約185ユーロ也(エコノミー)。カウンターで家のパソコンから印刷してきた予約確認書(Electronic Ticket Receipt)を提示します。スムーズに荷物も預けられました

さて、ほとんどの国のEU加盟国はシェンゲン協定を結んでいて加盟国内では、パスポートを見せる必要がありません。スペインもイタリアも加盟国ですのでイミグレーションを通過する必要がありません。一部の例外を除いてEUが一つの大きな国ということですね。

でも、ボディチェック(検査)は受けなければなりません。これがなかなか大変。バルセロナ空港に限ったことではないのですが、手荷物はもちろんのこと、コートも脱いで、靴も脱いで。ブーツを履いた女性はなかなか大変そうでした。でも安全の為なら仕方ないですね。

Img_1245

バルセロナ空港のターミナル1は、2009年6月に完成した真新しいターミナルでショップもたくさんありました。飲食店も綺麗でした。

Img_1249

11:15 お店を見ながら搭乗ゲートに行くと、搭乗開始時間ですが様子が変。どうやらディレイ(遅延)の様子です。乗るべき飛行機も見当たりません。私「じゃあいつ出発ですか?」。係「わかりません」。ここまで、全て順調だったのに。。。。これがイタリアクオリティーなのね。さすがアリタリア。(でも遅延の理由はアリタリアの責任ではなかったのですが。。。)

とは言え、飛行機が遅れるのは良くあること。もう一度カフェしたり、お店覗いたり。

空港内はディスプレイがたくさんあって飛行機の案内を確認できます。

Img_1247

あれ、アリタリア(AZ)77だけ定刻のマンマ変更されてない。不安。仕方ないので搭乗ゲートの前に居る方が無難と判断。

待っていると、どうやら飛行機が到着した様子。やれやれ。

Img_1255

12:25 いよいよ搭乗がはじまりました。

私達の座席は35Dと35F。最後尾でした。

Img_1259

12:40 AZ77便。結局、定刻より1時間遅れで離陸できました。1時間なら問題ありません。

Img_1260

さよならバルセロナ。ありがとう。楽しかったです。

2010年2月11日 (木)

3日目③ バルセロナでショッピング

15:20 ディアゴナル駅(Diagonal駅)に到着。ホテルオムに一旦帰って来ました。少し休憩

16:40 我々のホテルは、ブランド店が並ぶグラシア通りに面しています。さらにワンブロック西側に平行して延びるランブラ・ダ・カタルーニャ通りがあります。歩いて、ショッピングに出掛けます。昨日、カサミラやカサパトリョを見学した際に下見済み。

グラシア通りは大通り。両側にさまざまなお店が並びます。

P1010370

ランブラ・ダ・カタルーニャ通りにも、多くの店があります。無印良品もありました。カサパトリョまで行って、往復して帰って来ました。2キロぐらい歩いたのかな?

より大きな地図で バルセロナショッピング を表示

実際に入ったお店を少し紹介します。

★カンペール(CAMPER)

スペインブランドのシューズ。日本で買うより安いです。買い求めました

★BLUEVARD ROSAホームページ

なんて読むのかわかりません・・・・多分ブルーバード ロッサ???

ブロックが丸々ショッピングモールになっていてたくさんのお店が入ってます。妻がアクセサリーを買い求めてました

このお店で気づいたのは、バルセロナではキティちゃんが物凄く流行っているってことでした。

★Pastelerias Mauriホームページ

周囲にはたくさんの素敵なカフェがありました。一際目立っていたのがこのお店。基本的にスイーツを買って帰るお店みたいですが、カフェも賑わってました。私達もホテルに帰って食べようとスイーツを購入。レジでお会計していると店内は大きくて、さらに奥にはお惣菜も売っていることに気づきました。あまりにも美味しそうだったので、夕食はここでと買い求めました。ディスプレイを指差して買って、容器の大きさを選ぶとそれに入れてくれました。お店は凄く混雑していました有名なお店なのでしょうか?

19:00 ホテルに帰って来ました。明日はローマに移動なので荷物をまとめて、部屋でMauriで買った食事とスイーツを頂きました。

3日目② バルセロナ観光(コロニア・グエル教会堂Part2)

12:00 受付で20分ほど見学し、トイレも借りていよいよコロニア・グエル教会堂に向います。

Img_1205

少し歩くと教会に。ここで受付で買ったチケットを見せます

Img_1203

先ずは外観から、教会の入り口

P1010400

礼拝に来た人の休憩所?

Img_1169

顔みたいです

Img_1178

それでは教会の中に入ってみましょう。本当は今あるのは地下教会で、現存する建物の上に建設が進むはずでした。

Esg_croquisgran

でも、ガウディがサグラダ・ファミリアの建設が忙しくなったので未完成になってしまいました。

Img_1190

Img_1195

Img_1200

中に入ると、写真禁止の張り紙があり、残念がっていると、警備の人が写真撮っていいよって声を掛けてくれました。

椅子まで・・・

P1010410

自由な雰囲気で見学できました。

ガウディ初期の作品で、前述の通り未完成ですが、どこかサグラダ・ファミリアに通じるものがあり、それでいて荒削り(彫刻とかはなかったです)、動物(鯉など)もタイルで配してあって後の建築物との共通性が見えました。

30分ほど見学して、次はコロニア(村)を散策します。

Img_1160

Img_1207

グエルさんの像だそうです。村の中心広場にて

Img_1210

昔の学校だそうです

Img_1212

工場は操業してました

Img_1222

13:10 お腹が空いてきたので村内のレストラン(カフェ?)で昼食にします。レストランは何軒かあるみたいですが中央広場のそばにあった「AU」(多分)・・・で頂きます。ランチセットみたいなもので、パスタ(カルボナーラ)とソーセージで10ユーロ未満でした。(正確な金額は失念。飲み物とチップと合せて二人で24ユーロでした)

Img_1214

味は・・・。重たかったです。。。(*^-^)

Img_1216

漢字の「心」に見えて仕方がないのですが・・・w(゚o゚)w

14:10 食事を済ませて、FGCのコロニア・グエル駅(Colonia Guell駅)まで歩きます。

14:20 駅到着。切符を買って電車を待ちます。

Img_1225

14:30 電車が来て、エスパーニャ広場駅(Pl. Espanya駅)で地下鉄3号線(L3)に乗り換え

15:20 ディアゴナル駅(Diagonal駅)に到着。ホテルオムに一旦帰って来ました。

村中で「歓迎」オーラに満ちた雰囲気です。バルセロナで時間があればお勧めします。教会に行くにあたり公式ホームページが大変わかりやすかったので助かりました。

コロニア・グエルHP(日本語)

3日目① バルセロナ観光(コロニア・グエル教会堂Part1)

3日目の朝です。

カサ・バトリョ、カサ・ミラ、グエル公園、サグラダ・ファミリアとガウディ建築に触れ、パエリアも食べたので、バルセロナの駆け足旅行的にはこれで充分なのですが、妻が「コロニア・グエル教会堂」を見たいというのでもう一日バルセロナ滞在です。(もちろんバルセロナには他に良いところはたくさんあるのは存じております、、、)

10:30 遅めにホテルオムを出て、すぐ近くにある地下鉄3号線(L3)のディアゴナル駅(Diagonal駅)から電車に乗ります。

Tikatetu2_2

10:45 目的地のエスパーニャ広場駅(Pl. Espanya駅)に到着。ここでカタルーニャ公営鉄道(FGC)に乗り換えます。駅は地下街になっていて少々歩きますが、案内はわかりやすく迷うことなく、切符売り場に着けました。

あらかじめFGCのWEBで調べたら、料金は地下鉄と違いゾーン制、つまり距離によって料金が違うのです。「コロニア・グエル教会堂」はその名もコロニア・グエル駅(Colonia Guell駅)で下車します。この駅までゾーン2(Zona 2)ですので、一人2.1ユーロになります。

FGCの乗り方は地下鉄同様、自動券売機でチケットを買います。もちろん英語表記も選択できます。「Single Ticket」(片道)⇒「Zona 2」(ゾーン2)⇒人数を選択すれば料金が表示されますのでお金を入れるとチケットが出ました。

気をつけたいのは、乗る電車系統です。快速みたいな列車があって、コロニア・グエル駅(Colonia Guell駅)には各駅列車しか停まらないのです。S4、S8、S33が乗ってよい電車です(2010年2月現在)。FGCのサイトには、料金や系統番号、時刻表も出ますので行く前にご参照を。時刻もほぼ正確でした。

FGCは3つの路線があって、2つはエスパーニャ広場駅(Pl. Espanya駅)、1つはカタルーニャ広場駅から出ています。この駅は全く違う駅ですので間違わないよう気をつけて下さい。

切符も買えたので、自動改札を抜けてプラットフォームに。写真の奥が改札側です。

Img_1154

地下鉄よりなお綺麗な電車です。

Img_1155

11:07 エスパーニャ広場駅(Pl. Espanya駅)を出発です。出発後まもなくすると、地上に出て、郊外の風景が広がります。

11:27 20分でコロニア・グエル駅(Colonia Guell駅)到着です。

P1010397

無人駅ですが、最近出来たのか、新しい駅舎でした。

P1010399

駅から教会までは青い足跡のペンキが歩道にあるので、それに従って歩けば、受付まで行くことができます。

P1010398

Img_1156

11:40 徒歩10分で受付に到着です。ココで入場チケットを買い求めます。一人5ユーロでした。日本語のパンフレットが貰えます。

P1010414

チケット売り場と教会は、別の場所にあります。

Elpoble

受付の建物は、ガウディの資料や教会の展示がされています。かなり立派な展示館になっていました。

サグラダ・ファミリアにもあった逆さ吊り模型。下が鏡になっているのでそれを見ると完成形が予想できます。

Img_1164

写真を加工して、逆さにしてみました。

Img_1163

12:00 20分ほど見学し、トイレも借りていよいよコロニア・グエル教会堂に向います。 

2010年2月10日 (水)

2日目⑪ 7 PORTES(セッテポルタス)

19:00 ランブラ・ダ・カタルーニャ通り(Rambla de Catalunya)を歩いてウィンドショッピングしながらホテルオム(HOTEL OMM)に到着。

部屋で少し休憩して、今晩の夕食は、お昼にホテルから予約して貰った、『7 PORTES(セッテポルタス)』というレストランです。

どんなバルセロナのガイドブックを見ても、WEBを見ても、載ってないところはないというぐらいメジャーなレストランです。日本語のメニューもあるそうなので安心して出掛けます。

20:30 ホテルオム(HOTEL OMM)をタクシーで出発です。

20:40 『7 PORTES(セッテポルタス)』到着です。予約は21時でしたが入店しました。

P1010390

少し早かったのですが、席に案内してもらえました。店内は満席でした。予約しておいて良かったです。バルセロナの夕食は遅いと聞いてましたが、このお店は観光客が多いのか早め(と言ってももう21時なんですけど)に席が埋まるようです。私達が食事をしてると、空席が出始めました。日本人らしき人は見当たりませんでした。

写真は空いてきてから撮りました。(さっきまでバルセロナのOL風の方が座って賑やかに食事されていました、もう気になって気になって

P1010394

日本語メニューを貰って注文。イベリコ豚の生ハム、海老のサラダ、カネロニ(パスタのグラタン)を頂いて、いよいよパエリアです。イカ墨のパエリア(Arros Negre)をオーダー。

P1010391

私には少し辛く感じましたが、妻は美味しい、美味しいと申しております

P1010392

パエリアを食べたのはこのお店だけなので、「バルセロナで一番」とは言い切れませんが、はずれではないようです。妻が喜んでおりますのでオールOKってことで。飲み物を除いて二人で90ユーロでした(チップ別)

  • イベリコ豚の生ハム 23€
  • 海老サラダ 15.5€
  • カネロニ(パスタのグラタン) 11.6€
  • イカ墨ご飯 18€
  • カスタードクリームカタルーニャ風 6.4€
  • フレッシュチーズに蜂蜜 5.9€
  • コーヒー 2.3€×2

服装はカジュアルな(シャツにチノパン)方が多かったです。

22:50 約2時間の食事終了。タクシーをお店の人に呼んで貰って、7分ほどでホテルに帰って来ました

7 PORTES  Pg. Isabel II, 14 Barcelona HP(日本語)

2日目⑩ バルセロナ観光(カサ・バトリョ)

17:30 カサ・ミラの見学を終了。続いて、同じくガウディの遺したカサ・バトリョに向います。

17:37 グラシア通りを南下して500mほど歩いて、7分ほどで。カサ・バトリョ(Casa Batlló)に到着です。

グラシア通りはいろんなお店があって、あちらこちら見ながら歩いても楽しい通りです。

P1010416

カサ・バトリョもガウディが手がけた建築物です。メルヘンのような、おとぎ話のような、アダルトの雰囲気やら、動物やドラゴンを模したような。。。一言で言い表せません。

Img_1092

入場料は高めの@17.8ユーロ。但し日本語の音声ガイドがあります。音声ガイドは大き目の携帯電話をみたいな機械を貸してくれ、建物内に番号がついてあるので、そこでその番号を押すと、耳に押し当てた機械から日本語の音声案内が聞こえてきます。

Img_1108

入り口を入るとすでに階段の手摺が魚の骨のような。。。

Img_1094

きのこの暖炉

P1010364

実はラブラブ暖炉でした

P1010365

天井も、照明も、ドアも

P1010372

Img_1103

Img_1117

Img_1101

これはエレベーターです。

Img_1141

エレベーターに乗って、屋上に出るとここの煙突も可笑しい

Img_1125

Img_1129

屋上から眺めたグラシア通り。(ちょうど乗り降り自由なバスが停まっていました)

Img_1128

なんといっても心に残ったのはタイルです。時間による光のあたり方の変化によって、その色合いも変わっていくのでしょう。私達は日没寸前でした、、、

Img_1143

Img_1114

18:30 カサ・バトリョの見学終了です。所要時間は小一時間でした。音声ガイドがあるぶんカサ・バトリョの方がカサ・ミラより時間が掛かりました。尚、音声ガイドは全部聞くとどれだけ時間があっても足りません。適当に飛ばして聞きましょう。

外に出ると陽も暮れて、外観が余りにも素敵でした。

Img_1145

Img_1148

Img_1149

閉館時間は少し長くて20時まででした。

P1010382

ホテルまでは徒歩10分ぐらいなのですが、帰りはランブラ・ダ・カタルーニャ通り(Rambla de Catalunya)を歩いてウィンドショッピングしながらホテルまで帰ります。ショッピングは明日時間があるので今日は下見。

19:00 ホテルオム(HOTEL OMM)に到着です。

2日目⑨ バルセロナ観光(カサ・ミラ)

14:55 地下鉄5号線(L5)でディアゴナル駅(Diagonal駅)に到着です。

地下鉄の駅を出ると、すぐにホテルオム(HOTEL OMM)です。ロビーで一息入れます。

Img_1063

そうそう、この時ホテルのフロントで、今晩の食事と決めていた7PORTES(セッテポルタス)の予約をお願いします。もちろん喜んで電話してくれて21時に予約してくれました。

16:50 部屋で休憩した後、ホテルからほんの1ブロック(100m)。同じグラシア通りにあるカサ・ミラ(Casa Milà)を観光します。

入場券10ユーロ也。

カサ・ミラは入場時間が18時までなので先にこちらを見学します。ガウディの手による建築で、なんでも地中海をイメージして造ったのだとか。

建築物というより彫刻ですね。

P1010360

そういえば、手摺がワカメに見える・・・

Img_1091

入場門をくぐると吹き抜けの中庭になっています。

Img_1066

Img_1090

エレベータに乗って最上階に上がると博物館的な展示があり、実際の部屋などを見学します。さらに階段を登ると屋上に出ます。

なんでしょう?

Img_1084

煙突です・・・

Img_1080

不思議・・・・(ちなみに2月10日午後5時です。割と明るいです)

P1010355 

Img_1067

P1010357

屋上からサグラダ・ファミリアが見えます。

P1010354

こうして見て楽しむのかな?

Img_1071

ドアノブ、いろんな形がありました・・・

Img_1086

17:30 観光終了です。所要時間40分でした(チケットの行列0分)。続いて、同じくガウディの遺したカサ・バトリョに向います。

2日目⑧ バルセロナ観光(バルセロナの地下鉄)

14:35 サンパウ病院を20分ほど見学して、バルセロナ地下鉄5号線(L5)に乗ってホテルに一旦戻ります。近くに「Saint Pau Dos de Maig駅」があります。ここから乗ります。

Tikatetu_3

実は、どんなガイドブックやネットを見ても、バルセロナの地下鉄は危険が一杯とあります。スリに置引き・・・・。しかも巧妙なものから、強引なものまで手口が紹介されています。ブログでも実際被害に遭われた実例も・・・・。危ないのは確かなんでしょう。だから私達も緊張感一杯で、乗りました。滞在中計三回乗りましたが幸いそういう雰囲気は感じられませんでした。時間帯も昼間に限定しましたし、よく観察していたからかも知れません。運が良かったのかも。でも、地下鉄便利なんですよね。

バルセロナの地下鉄の乗り方は、こちらの動画がわかりやすいです。⇒とっておきバルセロナのHP

「Single」は1回券、「T-10」は10回の回数券です。回数券は複数人で使うことも可能です。降りる駅で改札はないので、乗車駅で一人が改札を通り、フェンス越しにチケットをもう一人に渡して改札を抜けることが可能です。合法です。つまり、一人で10回使うことも、二人で5回使うことも出来ます。

私達は二人で3回しか乗らないと決めていたので「Single」を購入です。昔は故障が多かったり、お釣りがでなかったりしたことがあったそうですが随分改善されているようです。

動画と違っていたのは料金。「Single」=「B.SENZILL」は1.4ユーロ。「T-10」は7.85ユーロでした。後で気づいたのですが一人3回ずつ合計6回乗ったので「T-10」を買った方が安いんですね。。。。

改札は日本同様自動改札です。表示も非常にわかりやすいです。降りる駅さえ忘れなければ、上り下りを間違えることもないでしょう。

プラットフォームです。

P1010347

各駅にはこのような掲示板があります。時刻表はないのですが、後、何分で次の列車が到着するかが表示されます。32秒後に電車が来ますね。きっちり正確でした。

P1010346

電車がやって来ました。落書きだらけという予想に反して綺麗な車体です。ドアのところにボタンがあるので押すとドアが開きます。降りるときも同じです。

P1010350

車内です。どうです綺麗でしょう。

P1010351

現在地が表示されるので車内放送が聞こえなくても安心です。

Img_1062

14:55 5号線(L5)で3駅、8分ぐらいでディアゴナル駅(Diagonal駅)に到着です。

2日目⑦ バルセロナ観光(サンパウ病院)

14:05 KFCで食事を済ましてサンパウ病院を目指しましょう。

KFCの角、サグラダファミリアの東北側斜めに延びるのがその名も「ガウディ通り」です。

写真左半分、上に向って延びるのが「ガウディ通り」です。

P1010330_2

左がKFCです。

Img_1051

14:15 「ガウディ通り」を歩くこと10分。距離にして800m。「サンパウ病院」に到着です。

P1010344

振り返ればサグラダファミリアが見えます。

P1010345

ガウディの建築ではないのですが、同じモデルニスモ(芸術様式)の流れを汲むドメネクさんの設計です。現役の病院なんですね。静かに見学します。

Img_1055

14:35 20分ほど見学して、バルセロナ地下鉄5号線(L5)に乗ってホテルに一旦戻ります。

2日目⑥ バルセロナ観光(サグラダ・ファミリアPart2)

サグラダ・ファミリアPart1の続きです。

狭い螺旋階段を下りてきて再び内部を見学します。

P1010319

中心部の天井です。

Img_0997

でも工事中です。

Img_0999

ヘッドフォンされている方はオーディオガイドを聞いてる人ですね。

Img_1000

地下には博物館と作業場があります。ガウディのデッサンや模型、歴史の紹介がされていて興味深いです。

ガラス越しに現在も続く彫刻などの作業場の様子を見ることが出来ます。

Img_1003

全体の模型や、各パーツの模型。

Img_1004

これなんか完成品でいいんじゃないですか?でも模型です。

Img_1008

ガウディのデザインの基になった「逆さ吊り模型」

Img_1006

上下逆さまにするとサグラダ・ファミリアです

Img_1005

完成予想図

Img_1007

地下から出て、もう一度ガウディの彫刻を堪能。聖書の場面が彫られているのですね。

Img_1044

P1010335

ゲートを出て、塔から見えた池の向こうに行って写真を撮ります。本当大きくて全体を収めるのはここからしか無理です。

Img_1048

13:30 記念撮影が終わったら入場からちょうど1時間。売店(本や記念品がたくさん)などを覗いていたらもう少し時間が必要だと思います。

ちょうどお腹が空いてきたので、やはり塔の上から見えたケンタッキーに行きます。

P1010330

サグラダ・ファミリアの周りにはたくさんの飲食店があります。でもこのKFCが目立っていたのと時間が早そうだったので。。。

14:05 食事を済ましてサンパウ病院を目指しましょう。